あかりみらいセミナー 参加費無料!!

日本一高い電気料金コストを下げましょう!
電力自由化のリスクとメリット、補助金・リースを活用したLED化など、目標3割削減。
設備改修省エネ工事などの個別相談も承ります。
お問合せ・あかりみらい 011-876-0820

平成30年度の経済産業省「エネルギー使用合理化補助金」が公示

平成30年度の経済産業省「エネルギー使用合理化補助金」が公示されました。

省エネとなる設備への改修に設備費の3分の1を補助。

上限は1事業所当たり3000万円です。

今回の補助金は5月28日公募開始で7月3日まで受け付けます。

まずは見積もりを依頼してからゆっくり検討して下さい。

対象設備は照明、空調、ボイラー、冷凍庫、ポンプなど10種類。
いまなら消費税の値上がり前に駆け込みで間に合うかもしれません。

経産省補助金は中小企業が主なターゲットですが学校法人、医療法人も申請できます。
学校や野球場のグランド照明、スキー場のゲレンデ照明も対象です。

なお、中小企業に比べると採択の確率は下がりますが自治体も対象で、今回からは複数の事業所を対象にする「バルクリース」補助金でも地方公共団体の 申請が可能となっています。

また、このほかにも環境省では今年、無料の省エネ診断に応募した先着1000件の企業、団体には来年の設備改修に2分の1の補助金を優先して採択を出すという「省CO2ポテンシャル診断事業」もあります。

同じく環境省の自治体向け「バルクリース補助金」「カーボンマネジメント補助金」などの補助金も突然2次公募、3次公募がでる場合があるので、とにかく見積もり試算だけは準備しておきましょう。

あかりみらいは28年度、29年度に合計37件の補助金申請を行い、34件の採択を勝ち取っています。

面倒な申請手続きは豊富な採択実績のあるあかりみらいにお任せ下さい。

補助金申請は、早めに準備が必要です!ご相談は今すぐあかりみらいに!