2019.09.11 停電地域への情報伝達のお願い

ニュースでご覧でしょうが、現時点(9月10日23時現在)で千葉県、神奈川県、茨城県、静岡県で56万戸の停電が続いています。
すでに熱中症の死亡者も出ています。人工呼吸器や吸痰機を使用している在宅要介護者も不安の中にいます。
この地域に友人、知り合い、親戚のいる方は、北海道のブラックアウトで現実に役に立った「セコマ方式」車から給電ができるということを停電被災地に伝えてあげてください。
普通車でも12V-100Vコンバーターを介して照明、携帯充電、テレビのサバイバルができます。新型ハイブリッド車ならば備え付けの1500ワットコンセントから電気をとれば、避難所の給湯、炊飯、扇風機も使えます。
すでに千葉県のトヨタも動いているようですが、明日一番で停電地域外のレンタカー会社からハイブリッド車をレンタカーで借りても1500ワットが使えます。自治体で100台のプリウス、アウトランダーを借りたら100箇所の避難所で電気が使えます。ホームセンタでキャプタイヤコードを購入し、1500ワットの容量以下で使って下さい。

自治体、メディアに伝えられる方、S N Sで伝えられる方は是非教えてあげてください。 ただし車庫内でのアイドリングは排気ガス中毒の恐れがあるので屋外に車を出すことと、容量に合わない細いビニールコードをつなぎ合わせると加熱する危険があることも付け加えてください。