自治体向けLED化について

自治体の皆様へリースを活用したLED化のご提案

TOP > 自治体向けLED化について

あかりみらい(LED事業篇)TV CM



自治体の皆様へのメッセージ



自治体向け公共施設照明LED化提案書



自治体LED化 Q&A

Q なぜ今LED化しなくてはならないのですか?

A いまロシア侵略による原油高騰と円安の影響で電気料金が急激に値上がりしています。燃料費調整制度の上限係数1.5を超えると各電力会社は本格料金改定の検討に入ります。少しでも早くLED化することで、電気代の削減に繋がります。
普通の事務所ビルなどでは通常電気使用量の半分くらいが照明の電力量で、それをLEDにすることでおよそ7割から8割もの削減になるので、LED化は電気料金の値上げ分をカバーすることにもなります。
また諸物価値上がりの中でLED器具及び工事費もこれから値上がりが予想されているので、早急な対策を提案しています。
さらに、蛍光管がこの4月に3割値上がりしており、あと数年のうちに国内3つの蛍光管工場も生産終了が見込まれています。蛍光管が生産終了になってしまうと、管が切れただけでその照明は個別に定価でLED化しなくてはならず、莫大な修繕費がかかりだすことになります。



Q 照明器具にリースが適用できるのですか?

A 適用できます。10年くらい前には消耗品であるLED管や電球はリース対象になりませんでしたが、その後長寿命の資産として補助金や税制の対象として認められリースの対象にもできるようになりました。民間ではその企業の与信審査が厳しく3年や5年のリース期間が普通ですが、自治体では10年長期リースも可能で低料率の分割が活用できるようになりました。街路灯など投資回収年数が長い施設については要望により15年分割リースも対応できます。



Q リース方式のメリットは何ですか?

A 自治体の全施設を一気にLED化するとなると、大きな費用を予算化しなくてはならず、厳しい財政状況の中では優先度が後ろになり、結局あと伸ばしになってしまいます。それに対して、リース方式だと長期分割が可能で、毎月の電気料金の削減額の範囲で支払うので自治体財政に新たな予算化を必要としません。それどころか電気料金の削減額がリース分割額を上回るので、結局LED化してなおかつ財政に自由に使える削減メリットが残ることになります。福祉や教育やコロナ対策にお使いください。



Q 公共工事発注との違いは何ですか?

A 既存照明のLED化はいままでは公共工事単価を適用した建物工事として積算して入札されてきました。通常は建築担当者が物価本をめくって手間と時間をかけて公示価格を算定しますが、どの自治体の工事例をみてもあかりみらいの標準見積もりの2倍から3倍程度になる例を多く見受けます。これでは本来省エネ投資であるはずのLED化の投資回収が困難なのですからLED化が進まなかったことにもうなづけます。
これは公共単価の基準単価がLED化の実態と見合わない人件費を見込んでおり、建設工事という概念から離れられずにいたからです。これをリース品の取り付け手数料だと考えれば合理的な選択が可能になります。
例えば、リース品である蛍光管タイプLED管を取り付けする場合には、既存照明のカバーと管を外して、安定器と片側のソケット線を切断し、電源線をひとつのソケットに圧着して、カバーを戻しLED管を取り付けるだけの作業です。手慣れた電気工事士ならば1灯10分程度で次々とこなしていきます。
あかりみらいでは、メーカーからの大量直接購入で資材の価格を抑制し、実態にあった適切な取り付け単価を設定することで工事費も抑制することで、自治体に大きなメリットの出る提案を実現しています。
地元の電気工事屋さんも大量の工事が特需として発生することで喜んでもらっています。



Q 予算化措置してなくてもLED化ができるのですか?

A 大きな省エネ効果のあるLED照明にすることで電気代が浮き、その浮いたお金をリース代にもっていくことで新規の予算を計上しなくてもLED化出来ます。
自治体の年間予算の光熱費の一部をリース費に組み替えることで、年間財政トータルには影響がないため、年度途中での工事開始が可能です。
毎月の照明の電気代の範囲内でLED化費用を長期分割で支払い、さらに電気代が余り財政メリットとなります。



Q たくさんある施設の膨大な数の照明の見積もりをどうすればよいのですか?

A いままでの公共事業の建築土木の見積もり方式では、建築部門の職員が物価本をめくりながら公共単価で、時間と労力をかけて大変な作業で見積もり工事価格を算定していましたが、リース方式ならば照明設備費と取り付け手数料のシンプルな積算で算定が可能なので灯数に設定単価を掛けることで短期間で見積もりできます。
いままでの1000件を超える試算実績では、公共単価による見積もり額に比べておよそ半額か三分の一程度の取り付け改修費になっています。
あかりみらいでは独自のプログラムにより各施設の電灯図面さえ送っていただければ、1週間から2週間程度で自治体施設すべてのお見積りが出来ます。
図面がなければ、施設に出向いて電灯の現地調査を行いカウントします。



Q プロポーザル入札とは何ですか?

A いわゆる企画競争入札のことで、一般競争入札などと違い、事業者の経験や質の高さなどが判断材料となり、価格だけの競争ではなく、最新LED機器の選択や省エネ性能、カーボンニュートラルへの貢献、地域経済効果、財政メリットなど事業者の企画提案に対する評価点数での入札になります。
LED化の一般競争入札では価格だけの競争になると、よほど厳正な仕様書による製品指定がないと、十分な経験のない業者が輸入格安品や古い年式の在庫処分品や省エネ効果の小さい製品などを持ち込み、結果、満足できない結果になることがあります。
また、リース入札の場合には長期間の高額のリース設計と実行を安心して任せられる大手のLEDリースに実績のあるリース会社を評価して決定することも重要です。
あかりみらいでは過去に40件近い自治体のプロポーザル入札に応札しほとんどの条件でご評価いただいています。
プロポーザル入札を行ったことのない自治体でも、弊社で過去数十自治体の入札仕様書、プロポーザル要綱などの資料がありますのでそれを最新に改定することで入札準備のための事務作業のマンパワーが削減できます。



Q 管交換方式とは何ですか?

A 既存の照明器具はそのままで、現在付いている蛍光管が蛍光管タイプのLED管に交換することです。
管交換は世界標準の方法で、一体型の器具交換に比べて安く、工事期間も短くLED化できます。
ちなみに一体型のLED機器というのは、実は日本の照明メーカー独自のガラパゴス仕様で、海外からの蛍光管タイプの輸入に対抗するために発明、デザインされたものです。それでは国際戦略商品として世界市場を席捲したかというと、残念ながらメーカー各社でライトバーの寸法と取り付け方法が異なり、昔の「ベータ、VHS戦争」と同じ轍をふんでいます。管交換方式ならば20年後に管の寿命が来ても国際規格のE13口金のLED管に取り換えればよいのですが、ライトバーの方は規格が統一されていないので、その品番が生産中止になったりそのメーカーが倒産した場合には、もう一度器具交換工事をしなくてはならなくなります。



Q 蛍光管をLEDの管タイプに変えている事例は多いのですか?

A ここ数年で電材問屋が一体型を扱うようになるまでは管交換がほとんどで、全国の役場庁舎も学校も大規模店舗も交通機関も管交換が採用されています。全国でも数百万本の管タイプが普及しており、E13口金の蛍光管LEDに替えるのが合理的で経済的です。



Q なぜそんなに長い期間の保証がつくのですか?

A あかりみらいと提携しているアイリスオーヤマ及び日動工業との使用実績及び製品の信頼性で10年保証が実現しております。これは自治体の長期リース方式を採用した全施設LED化の場合のみの特別優遇措置です。



Q 照明器具を今のまま放置しておくとどうなりますか?

A 既存器具の安定器の寿命がきて不点灯になった場合、もう安定器は生産終了しているので安定器の交換はできず、その都度LED化工事をすることになり、1灯だけのために出張工事を依頼するのですから、一挙にLED化する費用よりも10倍程度の費用がかかってきます。
さらに、数年後には蛍光管の生産も終了してしまう恐れがあり、そうなると蛍光管が切れるたびに1灯づつLED化の工事をするという馬鹿馬鹿しい事態となります。



Q LEDのための補助金は無いのですか?

A ひと昔前にはLEDの見積もりし普及促進のための補助金がありましたが、普及段階にあるいまは見当たらなくなりました。
自治体によっては過疎債や起債により費用を捻出する方法を検討する例もありますが、数十、数百の物件を建築工事で申請することは非現実的で、比較検討の結果リース方式にする例がほとんどのようです。
今年からカーボンニュートラルの取り組みを交付税措置の対象とすることも可能となりましたが、建築工事で2倍から3倍の価格で見積もりしてその半額が措置されても、リース方式と大差なく、10年保証のメリットもありませんし、全数を対象とする手間と申請清算作業も困難なので、検討した自治体はやはりリース方式を採用しています。



Q カーボンニュートラルの目標にすることができますか?

A 着実に必ず二酸化炭素を大幅に削減します。あかりみらいでは施設の照明配線図面をいただけば、独自のプログラムにより無料でLED化の費用とリース設計、カーボンニュートラル効果も積算して提供します。



Q どのくらいのカーボンが削減できるのですか?

A 自治体すべての施設をLED化することで、年間数百トンから数千トン以上のCO2削減になります。
下記の試算例をご覧ください。

完全LED化した自治体と試算提案例はこちら>>>



Q いくらぐらいかかるのですか?

A 自治体の人口規模と施設数によって変わってきますが、町村では数千万円から1~2億円。市では数億円から10億円レベルで全施設の改修が可能です。
人口規模別の試算例一覧にしましたので参考にしてください。
金額が大きくなることを恐れるのではなく、まだ大きな削減ができる余地がたくさんあるから財政削減額が大きくなるという前向きな考え方で取り組んでください。
照明にかかる電気料金が7割近く削減される範囲でLEDリース料を分割払いし、その残りが財政メリットになります。まずは試算見積もりしてください。



Q 地元の地域経済効果はどのくらいありますか?

A LED化の工事は地元電気工事業界総出で取り組むことになりますので、大きな金額が地元経済に還流します。また、臨時工事要員やアルバイト雇用者の宿泊、飲食なども長期にわたってお金を落とすことになります。



Q 照明配置図とはどのようなものですか?

A 建築課又は各施設の管理者は施設図面書を持っています。その中の電気設備配線図の電灯図が必要になります。
この図面を電子データかコピーでお送りいただければ数日から1~2週間で試算結果をお知らせします。
図面コピーが難しい場合は図書本体を送っていただいてもけっこうです。
図書を紛失してしまった場合には、現地調査でカウントしますので立ち合いのご手配をお願いします。



Q あかりみらいの施工実績はどのくらいあるのですか?

A 北海道の自治体ですでにLED化を終了したのが34自治体で役場、学校、病院、文化会館、スキー場、プール、グラウンドなど延べ1000施設近くのLED化工事の実績があります。
今年度に着工が決まっているのが15自治体。現在試算中、議会準備検討をしているのが約40自治体。すでに北海道の半数以上の自治体で工事、試算を終え、今年度での着工を検討準備しています。



Q 図面が見つからない場合はどうすれば良いですか?

A その施設を直接現地へ出向き既存照明調査を行います。



Q 保証の内容はどのようなものですか?

A LED照明が不点灯になった場合、10年間はメーカー保証による交換になります。



Q あかりみらいの実績はどのくらいあるのですか?

A 北海道の自治体で50以上のLED化検討及び終了をしております。
以下に導入事例を掲載しましたのでご覧下さい。


LED導入実績

自治体・公共施設

札幌市時計台
札幌市時計台
札幌市時計台
札幌市時計台
札幌市時計台
札幌市時計台
札幌市時計台
札幌市時計台
札幌市時計台
札幌市時計台
札幌市時計台
札幌市時計台
札幌市時計台
道庁赤れんが庁舎ライトアップ(寄贈)
松前城ライトアップ
松前城ライトアップ
松前城ライトアップ
遠別町
スポーツセンター
遠別町
スポーツセンター
遠別町
スポーツセンター
遠別町
スポーツセンター
遠別町
給食センター
遠別町
給食センター
遠別町
給食センター
遠別町
浄水場
遠別町
浄水場
遠別町
浄水場
遠別町
幼児センター
遠別町
幼児センター
遠別町
幼児センター
石狩市
石狩中学校
石狩市
石狩中学校
石狩市
石狩中学校
留萌市
役所庁舎
留萌市
役所庁舎
留萌市
役所庁舎
留萌市
役所庁舎
石狩市
市役所(庁舎)
石狩市
市役所(庁舎)
石狩市
市役所(庁舎)
石狩市
市役所(庁舎)
石狩市
花川中央会館
石狩市
花川中央会館
石狩市
花川中央会館
石狩市
緑苑台グリーン会館
石狩市
高齢者生活福祉センター
石狩市
高齢者生活福祉センター
石狩市
高齢者生活福祉センター
石狩市
高齢者生活福祉センター
石狩市
浜益国民健康保険診療所
石狩市
浜益国民健康保険診療所
石狩市
浜益国民健康保険診療所
遠別町
遠別町役場庁舎
遠別町
遠別町役場庁舎
遠別町
遠別町役場庁舎
遠別町
遠別町役場庁舎
遠別町
すぱーく遠別
遠別町
すぱーく遠別
遠別町
すぱーく遠別
遠別町
すぱーく遠別
遠別町
すぱーく遠別
遠別町
移住交流センター
遠別町
移住交流センター
遠別町
移住交流センター
遠別町
移住交流センター
遠別町
移住交流センター
遠別町
B&G海洋センター
遠別町
B&G海洋センター
遠別町
B&G海洋センター
遠別町
B&G海洋センター
遠別町
遠別小学校
遠別町
遠別小学校
遠別町
遠別小学校
遠別町
遠別小学校
遠別町
遠別小学校
遠別町
ふれあいステーション
遠別町
ふれあいステーション
遠別町
生涯学習センター
遠別町
生涯学習センター
遠別町
生涯学習センター
斜里町
役場庁舎
斜里町
役場庁舎
斜里町
役場庁舎
斜里町
役場庁舎
斜里町
役場庁舎
斜里町
ウトロ漁村センター
斜里町
ウトロ漁村センター
斜里町
ウトロ漁村センター
斜里町
ウトロ漁村センター
斜里町
ウトロ漁村センター
斜里町
ウトロ漁村センター
斜里町
ぽると21
斜里町
ぽると21
斜里町
ぽると21
斜里町
ぽると21
斜里町
ぽると21
名寄市
フォレスト
(ピヤシリ体育館)
名寄市
フォレスト
(ピヤシリ体育館)
名寄市
給食センター
名寄市
総合福祉センター
名寄市
総合福祉センター
名寄市
総合福祉センター
名寄市
名寄東小学校
名寄市
名寄東小学校
名寄市
風連中学校
名寄市
風連中学校
名寄市
風連スキー場
名寄市
風連スキー場
名寄市
風連スキー場
名寄市
風連スキー場
名寄市
風連スキー場
名寄市
風連スキー場
名寄市
風連スキー場工事
名寄市
風連スキー場工事
名寄市
風連スキー場工事
名寄市
風連スキー場工事
名寄市
市役所庁舎
名寄市
市立大学1・2号棟
名寄市
市立大学1・2号棟
名寄市
市立大学1・2号棟
名寄市
市立大学1・2号棟
名寄市
リサイクルセンター
名寄市
特別養護老人ホーム清峰園
名寄市
上川北部人材開発センター
名寄市
上川北部人材開発センター
名寄市
上川北部人材開発センター
名寄市
上川北部人材開発センター
名寄市
上川北部人材開発センター
名寄市
テニスコート
石狩市
花畔農住団地会館
石狩市
花川東会館
石狩市
わかば会館
石狩市
白樺会館
石狩市
紅葉山会館
石狩市
ニューあかしや会館
石狩市
緑ケ原会館
石狩市
ひまわり会館
石狩市
南1条会館
石狩市
南3条会館
石狩市
コスモス会館
石狩市
花畔中央会館
石狩市
花川南会館
石狩市
紅南会館
石狩市
パストラル会館
石狩市
樽川南第一会館
石狩市
桂沢会館
石狩市
正利冠会館
石狩市
古潭会館
石狩市
毘砂別会館
石狩市
幌会館
石狩市
濃昼会館
石狩市
実田会館
石狩市
御料地会館
石狩市
送毛会館
石狩市
千代志別会館
石狩市
望来コミュニティセンター
石狩市
厚田総合センター
石狩市
緑苑台パークゴルフ場休憩所
石狩市
スポーツ広場
(サッカー場)
石狩市
スポーツ広場
(ソフトボール場)
石狩市
花川小学校
石狩市
花川小学校体育館
石狩市
生振小学校
石狩市
南線小学校
石狩市
南線小学校体育館
石狩市
双葉小学校
石狩市
双葉小学校体育館
石狩市
花川南小学校
石狩市
紅南小学校
石狩市
紅南小学校体育館
石狩市
八幡小学校
石狩市
緑苑台小学校
石狩市
にじいろ南クラブ
石狩市
道の駅石狩「あいろーど厚田(ANNEX)」
石狩市
観光センター
石狩市
花川南第一会館
石狩市
親船会館
石狩市
花川南第2会館
石狩市
弁天会館
石狩市
石狩中会館
石狩市
花川南睦美会館
石狩市
虹が原会館
石狩市
聚富会館
石狩市
発足会館
石狩市
発足会館
石狩市
花川北コミュニティセンター
石狩市
花川南コミュニティセンター
石狩市
八幡コミュニティセンター
石狩市
石狩斎場
石狩市
花川北児童館
石狩市
花川南児童館
石狩市
こども未来館
石狩市
石狩市民プール
石狩市
高岡ふれあい研修センター
石狩市
五の沢ふれあい研修センター
石狩市
生振ふれあい研修センター
石狩市
北生振ふれあい研修センター
石狩市
学び交流センター
石狩市
美登位創作の家
占冠村
占冠中央小学校
占冠村
占冠中学校
小平町
役場庁舎
小平町
健康福祉センター
小平町
小平小学校
小平町
小平中学校
小平町
鬼鹿幼稚園
小平町
小平幼稚園
小平町
文化交流センター
小平町
小平共同調理場
小平町
ゆうゆうそう
小平町
ゆったりかん
留寿都村
グランド1
留寿都村
グランド2
留寿都村
ルスツ温泉
留寿都村
赤い靴ふるさと公園
公衆トイレ
留寿都村
赤い靴公園
公衆トイレ
留寿都村
地域資源交流センター
留寿都村
農林水産物直売所
留寿都村
留寿都高等学校
留寿都村
留寿都高校寄宿舎
留寿都村
留寿都中学校
留寿都村
留寿都小学校
留寿都村
留寿都歯科診療所
留寿都村
留寿都診療所
留寿都村
留寿都村公民館
留寿都村
高齢者生活支援ハウス
留寿都村
災害備品格納庫
留寿都村
武道館
留寿都
村民水泳プール
留寿都村
役場
沼田町
恵比島活性化センター
沼田町
北竜地区活性化センター
沼田町
共成活性化センター
沼田町
町民会館
沼田町
ほたる学習館
沼田町
化石体験館
沼田町
ほろしん温泉
沼田町
沼田小学校
沼田町
旭寿園
沼田町
旭町コミュニティセンター
沼田町
東予コミュニティセンター
沼田町
共成コミュニティセンター
沼田町
高穂コミュニティセンター
沼田町
中央コミュニティセンター
沼田町
緑町コミュニティセンター
沼田町
B&G海洋センター
沼田町
水郷庵
沼田町
夜高会館
沼田町
オートキャンプ場
(管理棟)
沼田町
オートキャンプ場
(サニタリー棟)
沼田町
観光情報プラザ
沼田町
宿泊交流センター(夢未来)
沼田町
農産加工場
沼田町
就農支援実習農場
(選果場)
沼田町
就農支援実習農場
(椎茸発生棟)
沼田町
グループホームなごみ
沼田町
車両センター
沼田町
PG管理棟
沼田町
バス車庫
沼田町
第2分団詰所
沼田町
第3分団詰所
沼田町
排水機場
沼田町
農産加工場(旧)
沼田町
さわやかトイレ
沼田町
役場車庫
月形町
こすもす団地
月形町
衛生センター
月形町
旧中和小学校
月形町
交流センター
月形町
消防事務組合月形支署
月形町
多目的アリーナ
月形町
町立病院
月形町
農産物加工施設
月形町
排水施設月形地区
月形町
排水施設市南地区
月形町
保険福祉総合センター
秩父別町
さわやかトイレ
秩父別町
ローズガーデン
秩父別町
小学校
秩父別町
小学校アリーナ(調光式)
秩父別町
特産物展示館
秩父別町
認定こども園
秩父別町
百年記念塔
沼田町
中学校
沼田町
中学校体育館(調光式)
厚真町
スタードーム
厚真町
スポーツセンター
厚真町
デイサービスセンター
厚真町
ゆくり
厚真町
学校給食センター
厚真町
厚南会館
厚真町
厚南中学校
厚真町
上厚真小学校
厚真町
中央小学校
石狩市
市民図書館
士別市
あさひサンライズホール
士別市
朝日山村研修施設
士別市
朝日支所庁舎
士別市
保健福祉センター
士別市
糸魚小学校
士別市
朝日地域交流センター
和が舎
東神楽町立
東聖小学校
東神楽町立
東神楽小学校
東神楽町
ふるさと交流館
中頓別町
役場
赤井川高原道路
街路灯
島牧村
役場庁舎
道の駅よってけ島牧
島牧中学校
島牧村
立原歌生活館
島牧村小学校
島牧村
総合福祉医療センター
島牧村
生活改善センター
島牧村
歌島児童館
島牧村
ふれあい交流センター
島牧村
軽臼ミニ体育館
島牧村
漁村環境改善総合センター
黒松内町
保健福祉センター
黒松内町
自然体験宿泊施設
黒松内町
コミュニティセンター
黒松内町
ふれあいの森情報館
黒松内町
ブナセンター
歌才オートキャンプ場
黒松内町 児童館
黒松内町
中学校
黒松内町
作開小学校
黒松内町
白井川小学校
黒松内町
白井川中学校
下川町
総合福祉センター
下川町立
特別養護老人ホーム
「あけぼの園」
下川町
五味温泉
下川町民会館
下川町立
下川小学校
下川町
農村活性化センター
おうる
下川町民
スポーツセンター
下川町立
障害者支援施設
「山びこ学園」
東川第二小学校
東川第三小学校
東川町
町立診療所
東川町 西部地区
コミュニティセンター
東川町 第二地区
コミュニティセンター
東川町
インフォメーションセンター
道草館
猿払村
役場庁舎
猿払村
知来別研修センター
猿払村
浅茅野台地
農業研修センター
猿払村
拓心中学校
猿払村
町営牧野
猿払村
バスターミナル
猿払村
知来別小学校
猿払村
水産加工総合管理
センター
猿払村
鬼志別保育所
猿払村
芦野地域集会所
猿払村
小石交流センター
猿払村
浅茅野交流センター
浜猿払交流センター
猿払村
ふるさとの家
猿払村
道の駅
猿払村
楽遊館
猿払村
農村環境改善センター
猿払村
村営球場
猿払村
学校給食センター
猿払村
鬼志別小学校
旧浜猿払小学校
浜猿払地区漁業集落
排水処理施設
猿払村
最終処分場
猿払村
リサイクルセンター
猿払村
保健福祉総合センター
猿払村
国民健康保険病院
消防猿払支署
南富良野町
役場庁舎
南富良野町
山村広場ゴルフ練習場
南富良野町 かなやま湖
オートキャンプ場管理棟
南富良野町
ログハウス村管理棟
・宿泊棟・レストラン
南富良野町
勤労青少年センター
南富良野町
物産センター
南富良野町
農産物処理加工センター
南富良野町
保健福祉センターみなくる
南富良野町
落合老人憩いの家
南富良野町
幾寅診療所
南富良野町
除雪管理センター
富良野看護専門学校
富良野看護学校学生寮
富良野中心街活性化センター
(ふらっと)
富良野農業体験宿泊施設
(ヘルパー寮)
富良野市図書館
富良野演劇工場
富良野市情報プラザ
ハイランド富良野
富良野ラベンダーハウス
富良野生涯学習センター
富良野総合保健センター
富良野地域福祉センター
富良野リサイクルセンター
富良野勤労少年ホーム
富良野老人福祉センター
(ふれあいセンター)
富良野
農業担い手センター
宿泊棟
富良野
農業担い手育成センター
管理棟
富良野山部福祉センター
富良野山部いきいきセンター
富良野山部ふれあいの家
富良野東山支所
富良野ワインハウス
富良野ぶどう果汁工場
富良野市
種苗センター
富良野市
あおぞら保育所
富良野市
山部保育所
富良野市
北の峰児童館
富良野市
麻町児童センター
富良野市
桂木児童センター
東部児童センター
富良野市
富良野小学校
富良野市
扇山小学校
富良野市
布部小中学校
富良野市
鳥沼小学校
富良野市
布札別小学校
富良野市
山部小学校
富良野市
樹海小学校
富良野市
麓郷小学校
富良野市
東中学校
富良野市
西中学校
富良野市
東小学校

ダイナックス様
新札幌乳業様
ヤマト運輸様
寿産業様 発寒工場様
道央メタル様
エスティーバリュー様
長沼ジンギスカン様
ネッツトヨタ道都 元町店様
鶴雅グループ様
セイコーマート様
看板内照灯
ばんけい苑様
藤井ビル様 すすきのF45ビル
タイヤ館 白石中央店様
つぼ八 美しが丘店様
札幌シーフーズ様 札幌卸市場
北海道文化放送様
ネッツトヨタ 道都様
キャンモアスキー場様
キャンモアスキー場様
キャンモアスキー場様
キャンモアスキー場様
キャンモアスキー場様
キャンモアスキー場様
キャンモアスキー場様
キャンモアスキー場様
キャンモアスキー場様
キャンモアスキー場様
キャンモアスキー場様
キャンモアスキー場様
病院関連
病院関連 帯広市
十勝脳神経外科病院様
学校関連
学校関連
学校関連
学校関連
学校関連
学校関連
学校関連
学校関連
学校関連
学校関連
学校関連
学校関連
学校関連
学校関連
学校関連
学校関連
学校関連 日本航空学園様
パーラー太陽 苗穂本町店様
漁業組合関連
マルハニチロ北日本釧路工場様
マルハニチロ北日本釧路工場様
マルハニチロ北日本釧路工場様
網走漁協様
網走漁協様
網走漁協様
余市郡漁協様
広尾漁協様
根室さけます増協様
宗谷漁協様
ほたて貝加工処理施設
紋別漁協様
定山渓第一寶亭留
翠山亭様
フラノ寶亭留様
道総研 法人本部
上川農業試験場
花・野菜技術センター
中央水産試験場
北方建築総合研究所
さけます・内水面水産試験場
釧路水産試験場
稚内水産試験場
酪農試験場
栽培水産試験場
畜産試験場
村瀬鉄工所様
ラポール真駒内南町

自治体向けLED化パンフレット



掲載記事関連


お問合せ

Address

〒001-0011 札幌市北区北11条西2丁目2-17  セントラル札幌北ビル4階

TEL / FAX

TEL 011-876-0820
FAX 011-876-0826

©2022 akarimirai.