コロナ対策補助金

あかりみらい越智です。
①令和2年度補正予算 大規模感染リスクを低減するための高機能換気設備等の導入支援事業の公募が始まりました。
換気装置及びLEDに対する中小企業3分の2、大企業2分の1、上限各1千万円の補助金制度です。民間の店舗、スーパー、病院、福祉施設、ホテル、ビル、学校、フィットネスクラブなどほとんどの業種の施設に適用されます。
多くの人が集まる場所の換気換気を改善するための設備工事が対象になり、抱き合わせでLED化工事についても同額が補助されると言う制度です。ホテルや医療機関など大きな施設では最大2千万円となります

またこの制度ではリース活用が可能です。換気設備の省エネ化、LED化による電気料金の削減分もあり3分の2の設備費・工事費補助と合わせてトータルの実質自己負担が少なくなります。申請代行も認められており、大手リース会社と一緒に機器選定からリース設計のご相談にも乗りますのでご遠慮なくお電話ください。
これからウィルスと共生した新しい生活スタイルを始めるについても換気の対策は必要となります。
7月10日までの短期間の公募ですので急いで検討してください。
あかりみらいでは換気工事とLED化見積もりと申請のお手伝いをいたします。ご遠慮なくお問合せください。

②宿泊事業者感染予防対策推進事業補助金
こちらは道の観光産業への感染対策として衛生管理危機に補助率4分の3、上限200万円。
対象は感染症予防に関する衛生管理対策に必要な機器 (例) サーモカメラ、除菌空気清浄機、殺菌エアタオル、サーキュレーター、広域空間滅菌機器
6月30日締め切り。
あかりみらいでは客室除菌用の次亜塩素酸水大型超音波加湿器や客室用霧化器、除菌トンネル、サーモカメラなども取り揃えておりますので、この機会にお問合せください。

③新型コロナウィルス対策として期待されている次亜塩素酸水溶液についての誤報と非科学的なバッシングがあります。次亜塩素酸水溶液は新型コロナウィルスの除菌に有効だと言う研究結果は北海道大学と帯広畜産大学の研究チームが発表しています。空間噴霧は最も効果的な環境除菌の方法で人体には影響ありません。
NITEも報道の誤りを指摘し、文科省も空間噴霧を禁止した通達を修正しました。②の道の対象機器にも機能水洗浄機も紹介されています。
ホテルでも教室でもこれからの猛暑シーズンにクーラーを入れないでいると熱中症になります。窓を開けた換気もできずにクーラーで床面や室内のウイルスが舞い上がることを考えると、室内を次亜塩素酸水の大型噴霧器で徹底除菌し、24時間ミスト噴霧で涼しい室内の除菌を徹底するしかありません。
繰り返しますが、次亜塩素酸水は安全で除菌に有効なものです。
あかりみらいホームページからのバナーで有効性と安全性の解説を専門研究家の方がわかりやすく話をしているのでご覧ください。
第2波、第3波に備えて最も強力で人体に害がなく大量に安く使える次亜塩素酸水溶液生成パウダーを1箱備えておくことをおすすめします。掌サイズの一箱で20ppmならば500ccスプレーボトル1500本の生成ができて1本当たり単価はたったの12円です。お問合せください。